リロケーションとは

リロケーションは、海外赴任をされる方が、ご自宅を管理会社に委託することで、留守中のトラブルを最小限に留める行為を指します。
最近では、多国籍企業の進出やグローバル化の進展により、海外でビジネスを行う方も増えておられます。
ビジネスパーソンの悩みを解決するため、こちらのサービスが登場しました。

一度リロケーション契約を結んだ後は、よほどの理由がない限り、取り消しはできません。
理由は、「その家に住みたい方がおられるから」です。
家は、不動産としての価値があり、立地や交通の便も重視されます。
「借り手の気持ち」を考えてから契約しましょう。

リロケーションには、貸す側と借りる側の両方にメリットがあります。
貸す側としては、短期間で賃料が回収できること、税金を支払う手間を省けること、複数の物件を所有することで、高額の不労所得が得られることなどです。
借りる側は、好きな場所に住めること、一定期間、その場所に定住できること、ビジネスの拠点を構えやすくなることや、地域住民と交流しやすくなるメリットがあります。

こちらの物件は、通常の不動産契約とは別物として考えましょう。
日本の不動産会社が関与していない物件も多く、日本の慣習とはなじまないことも多いです。
家に住むと考えず、家を借りると考えましょう。
特に、リロケーション物件はレンタル契約が終了すれば不動産会社から貸し手に所有権が戻るシステムです。
期間延長は認められていませんので、ご注意ください。


▼Recommend Site
リロケーション物件として自宅のマンションを貸す際に利用出来る査定サイトです → マンション 貸す